• ホーム
  • ピアスが危険なアレルギーを引き起こす?

ピアスが危険なアレルギーを引き起こす?

「アレルギー」というと、スギを中心とした花粉症や、食べ物によって症状が起きるという事を想像するかもしれません。
しかし、普段身につけているピアスやネックレスといったアクセサリーでも、アレルギーの症状が引き起こされる事があります。

アレルギーとは、免疫機能の異常による症状の事です。
身体を防御するために備わっている機能が、特定の物質に対して過剰に反応するため、くしゃみや鼻水、蕁麻疹、重症化している場合は呼吸困難、等といった危険な症状を引き起こしてしまいます。

ピアスを付けて症状が起きるという人は、「金属アレルギー」の疑いがあります。
金属製のアクセサリーを身体に身につけていると、汗で少しずつ金属が溶け出していきます。
すると金属はイオン化し、体内へと入ってタンパク質と結合します。
これがアレルゲンとなります。
アレルギーは後から発症する事が多く、なかなかアレルゲンに気づく事ができずに症状を悪化させてしまうという危険性があります。

ピアスは、アクセサリーの中でも特にアレルギーを発症しやすくなっています。
身体に穴を開けて使用するピアスは、金属が直接、体内に触れてしまうからです。

金属はどれもアレルゲンになる可能性があります。
しかし、症状の起こりやすさは、それぞれ違いがあります。
水銀やニッケル、コバルトは溶け出しやすく、症状を引き起こしやすい金属です。
一方、チタンや銀、プラチナはあまり溶け出さないため、症状が出にくくなっています。
ピアスを選ぶ時は、これらの素材でできたものを使用すると良いでしょう。

金属アレルギーは、危険な症状を引き起こしてしまう事もあります。
疑いのある症状が出たら、なるべく早く病院へ相談に行くようにしましょう。

関連記事