• ホーム
  • ラズベリーでアレルギー?食物負荷試験で確かめよう

ラズベリーでアレルギー?食物負荷試験で確かめよう

ラズベリーを食べてアレルギーになってしまった場合は、ラズベリーの他にも、バラ科の食物で同じような症状を引き起こしてしまう事があります。
アレルギーは症状が重くなると、命の危険もあります。
特に子供は、アレルギーを理解せずにアレルゲンとなる食物を口にしてしまう事があります。
命を守るためにも、素早い対処が必要です。

乳児の内に血液検査を行っても、本当はアレルゲンではない食べ物にまで陽性反応が出てしまう場合があります。
アレルギーに有効なのは、アレルゲン除去です。
しかし、アレルゲンが特定できないまま食品の除去を行うと、栄養の偏りを引き起こしてしまう事があります。
それは、同じベリー系でも、ラズベリーとブルーベリーでは除去すべき食品が異なる、という例からも理解できるでしょう。
そこで、原因物質の特定のために「食物負荷試験」という検査が行われます。

食物負荷試験とは、年齢や過去の症状、血液検査の結果等を元に、アレルゲンとなる食品を少量ずつ食べて、経過を見るというものです。
食べ物が消化するまでは症状が出ない事があるので、半日程経過を観察する事があります。
ただ、食べ物を食べて数日経ってから症状が現れるケースもあるため、しばらくの間は症状が出ないか注意しなければなりません。

アレルギーの有無の他にも、食物負荷試験では、アレルギーが治ったかどうかの確認のために検査をする事もあります。
子供のうちに発生したアレルギーは、適切な治療をすれば、症状が改善する事があるためです。

食物の準備や食べさせ方は、全て医師の監修によって行われます。
一歩間違えば、命の危険が伴う検査方法なので、自己判断では絶対行わないようにしましょう。

関連記事